本文へスキップ

天台宗庭月山月蔵院こと、庭月観音の公式ホームページです。

お問い合わせは、TEL.0233-55-2343 FAX.0233-55-2505

〒999-5207 山形県最上郡鮭川村大字庭月2829

An event informationt イベント情報

 庭月観音及び村内外のイベント情報を掲載しています。是非、ご参加ください。

鮭延秀綱没後370年記念展

 鮭延越前守秀綱と、当山との繋がりは深く、ご本尊である聖観世音菩薩は元々、佐々木氏(鮭延氏の旧姓)が崇拝しており、家臣である庭月氏の進言により、現在の庭月観音に安置されることとなったと言われています。

では、鮭延越前守秀綱は、どのような武将であってのでしょうか。

 鮭延越前守秀綱は、非常に勇猛果敢な武将であり、出羽57万石を統一した最上義光の家老として、数々の功績を残すこととなります。
 特に顕著なものとしては、慶長出羽合戦での武勇が挙げられます。この合戦において、鮭延秀綱が属する最上義光の軍勢は、上杉景勝・直江兼続の軍勢2万を東北に引き付けることに成功します。
 これが、関ヶ原の戦いにおいて、徳川家康率いる東軍勝利への大きな要因と言われているのです。
 江戸時代に入り、最上家が改易となった後は、徳川家康のご落胤と言われる古河藩主・土井利勝に五千石で召し抱えられるものの、鮭延秀綱はその全てを、家臣に分け与え、日替わりで家臣の家に泊まり歩き、余生を送ったといわれます。この物語は、海音寺潮五郎氏の短編集「かぶき大名」に「乞食大名」という物語で収録されています。


 戦国末期にかけて、出羽一帯のみならず全国に名を轟かせた、鮭延秀綱。その没後370念を記念して、「鮭延秀綱没後370年記念展」が真室川町立歴史民俗資料館にて開催されます。
 皆さんも、是非ご来場ください。


鮭延秀綱没後370年記念展
 期 日:平成28年10月1日(土)〜11月3日(木) 9時〜16時30分
 休館日:月曜日
 場 所:真室川町立歴史民俗資料館
 入館料:大人100円、小中学生100円

講演会
 期 日:11月1日(火) 午前10時〜午前11時30分
 場 所:真室川町中央公民館 2階研修室 入場無料
 演 題:鮭延越前守聞書と鮭延城
 講 師:保角里志氏